無料オーディオ「富を引き付ける方法」の詳細はこちら



ドクターモルツ | 成功するための思考法


インターネットで売れる商品を簡単に作る方法!




FX投資の成功法則

2010年03月29日

無料WEBセミナーにご招待します



今日はあなたにとって良いお知らせがあります。
なので、じっくり以下を読んでみてください。


「社長としてうちに来てください!」という
オファーが50社以上から殺到する男。

ドクターシーラボ、ネットプライスを
上場させ100億円企業を作り上げた男。

池本克之(いけもとかつゆき)氏が開催する
WEBセミナーにあなたを無料でご招待します。

http://123direct.info/tracking/af/89401/0II6x4yw/

「なぜセミナーが無料なのか?」

その理由は簡単です。
それは今回、池本さんが新書「社長の勉強法」という
本を出版されたからです。

それを記念して月のコンサルフィーが数百万する
池本さんが、無料でWEBセミナーをしてくれることに
なったというわけです。

今回はWEBセミナーということで、
あなたは自宅や会社から無料でライブのセミナーを
受けることができます。

今なら特別プレゼントも用意されていますので
こちらからスグに登録してみてください。

http://123direct.info/tracking/af/89401/0II6x4yw/

「100億の男」のセミナーに無料で参加できるなんて、
(しかもあなたの家や会社からでも!)
こんなチャンスは二度とないかもしれないので、
今すぐ申し込みをしておくことをオススメします。

http://123direct.info/tracking/af/89401/0II6x4yw/



posted by kuroshiba-kun at 08:29 | Comment(1) | TrackBack(0) | 気になるお話

2009年10月22日

どうすれば、自分自身のコンサルタントになることができるか(2)


こんにちは。

今日も、前回に引続き億万長者メーカーのダン・ケネディ氏の興味深いレポートをご紹介します。


−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

前回に引き続き、「どうすれば、自分自身のコンサルタントになることができるか」についての話題を続けましょう。

前回は、商品のパッケージのやり方を新しくしたり、新商品や新サービスを打ち出したりと、企業が既存顧客の関心を引こうと取り組んでいる例を紹介しました。

また、もう一つの有効な戦略は、既にある商品やサービスをマーケティングする、全く新しい方法を見つけることであるとも指摘しました。

今回は少し話題を変えて、思考についてお話ししたいと思います。

特に、成功のための思考についてです。

あなたは、この答えがわかりますか?
イーデン・ローウェル博士の古い意欲啓発映画「ユー・パック・ユア・オウン・シュート(自分のパラシュートは自分で詰める)」の中に、素晴らしいシーンがあります。

それは、多くの思考が陥りがちな問題点を明らかにし、成功するためにはどのように考えなければならないかを示すものです。

ローウェル博士は、数字の「1」とアルファベットの「X」を砂の上に書いて、一人の友人に問題を出します。

ここに1本、線を足して「6」にするように言うのです。

友人は、「X」の後ろに「1」を書いたりして、いろいろな可能性を検討してみるが上手くいきません。

最後に、ローウェル博士は、「1X」の前に「S」を書いて、「SIX」にして見せました。

友人は、1本の線と言ったじゃないかと抗議しますが、「S」は、1本の曲がった線に他なりません。

単に、我々が、1本の「真っ直ぐな」線を頭に浮かべてしまっただけなのです。

型にはまって、習慣になってしまった考えから抜け出し、外に出て行く力を持つ必要があります。

この問題の典型例は、もちろん、鉄道業界です。彼らは、自分たちの産業が、運輸交通業であるという認識を持てないでいます。あくまでも鉄道業だと、間違った考え方をしているのです。

あなたのビジネスは、何ですか?
ビジネスが成長し、繁栄を遂げるに連れて、おそらく何度も、自らのビジネスを再定義することになるでしょう。

例えばマクドナルド社は、元々、ハンバーガー屋でしたが、今ではその実態は、巨大かつ強力な商業用不動産会社となっています。

フランチャイジーへの賃貸により調達した資金を投資して、資産を構築しているのです。

自分のビジネスが何なのか、どうなるべきか、どうなりうるか、どうなるであろうか、
と繰り返し考え続けることこそ、極めて有効な成功への戦略です。

とはいえ、どのように再定義するかにかかわらず、単純なエクセレンス(優秀)に勝る戦略は、何もありません。

『エクセレント・カンパニー』(英治出版/トム・ピーターズ著)は、米国のビジネスに、とても有益な本でした。

この本によって、多くの企業やビジネスマンが、自らの行動や製品の質について、より良い考え方をするようになりました。

米国内を旅行し、飛行機に乗ったり、ホテルに泊まったり、レンタカーを借りたり、レストランで食事したり、私が関わっている5つの会社に納品している多くの業者と取引したりする時、私は、がっかりすることが良くあります。

これは多くのビジネスでエクセレンスが欠けていたり、あるいはエクセレンスがあるように見せようという配慮が欠けていたりするためです。

しかし、時折、品質にとことんこだわっている例に出会うと、嬉しくなってしまいます。

幸いなことに、米国の消費者やビジネス顧客の要求は、少しずつ、より厳しくなってきているように思われます。

そして、質の高い商品や顧客サービスを作り上げるため、広告に割くのと同じくらい多くの時間や努力、お金を注ぎ込んでいる企業は、その決断の真の成果を目にすることになるでしょう。

ナンバーワンを目指すときに必要なこと
私の意見では、ホテル・チェーンがナンバーワンになりたいのなら、広告の予算を削り、フロントデスクに、より良い人材を雇い、彼らに研修を行うのにお金を注ぎ込むべきです。

自動車のディーラーなら、良い広告代理店を見つけるよりも、サービス部門を良くすることで、成功を手にするかもしれません。

前述の本により火がついたエクセレンス運動は、有効で、前向きで、生産的で、希望を与えてくれる運動です。

全てのビジネスマンが『エクセレント・カンパニー』や『パッション・フォー・エクセレンス(優秀さへの情熱)』(日本語版なし)など、品質について書かれた本を読み、マーケティング戦略として、品質について考えるべきだと思います。

これらの本の中で論じられ、その中で紹介された企業に存在するものの中に、これらの本の著者ピーターズとウォーターマンが「バイアス・フォー・アクション(行動に対する好意)」と呼ぶものがあります。

私はこれを、切迫感だと考えています。

スピードは、ビジネス成功の重要な要素
多くの企業やビジネスマンが、時間要素を無視するかのように動いています。どうでもいいような決断を下すのに、数ヶ月を要する企業をいくつも見てきました。

私は、スピードがビジネスの成功の重要な要素だと考えます。

マーケティングのアイデアが、単なる思い付きから、実現されるまでのスピードは、その企業の利益を大きく左右するのです。

マーフィーの法則によれば、
”あらゆることは、当初の計画より、時間がかかり、コストがかかる”
とのことです。

残念ながら、私もこれに賛成です。

しかし、思い付きから実現までの時間を少しでも短くするよう、プッシュして、プッシュして、さらにプッシュするのは、ビジネスリーダーの役目だと私は信じています。

私は、時間を目いっぱい使って仕事すべきであり、時間を粗末にしたら大変なことになるという時間管理の考え方を心から信奉しているのです。

ビジネスを常にフル回転させるのは、厳しい納期や、高い期待による好ましいプレッシャーなのです。

ダン・ケネディ

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
この記事は、ダイレクト出版より、無料メールマガジン「ザ・レスポンス」によって提供されています。無料メールマガジンの購読は、http://www.theresponse.jp/まで。
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

いかがでしたか?

このレポートは、私には大変耳が痛い話です。
より時間の有効活用が必要であることに痛感させられたレポートでした。


posted by kuroshiba-kun at 16:29 | Comment(0) | TrackBack(0) | 気になるお話

2009年10月11日

活用しきっていないマーケティング・ツールとは?

先日、面白い記事を見つけましたので、今日はこの記事をあなたとシェアしますね。

きっと、あなたのお役に立つと思います。


活用しきっていないマーケティング・ツールとは?

FROM:ダン・ケネディ

どんなビジネスでも持っている、最も効果的なマーケティング・ツールのひとつは、何だと思いますか?

それは、支払いをしているにもかかわらず、それに見合うだけの活用をしていない、もしくは本当はもっと効果的に活用できるのにそれほど活用していないマーケティングツールなのです。

そして、それはあなたのデスクや書棚、カウンターや壁にあるのです。

そのツールとは、、、

電話です。

今日、あらゆるビジネスにおいて、テレマーケティングという分野に注目が集まっています。

それは、条件を満たす顧客や見込み客に対してコンタクトする他の方法やマーケティングの費用が劇的に高騰しているからです。

中小企業にとって、テレマーケティングには多くの利点があります。その利点の一つは、文字通り出来高払いというところにあります。

ダイレクトメールでは、割引価格を活用するには、一度の印刷で数千、ときには数万の小冊子や資料を作らねばなりません。

また、メディアを用いた広告では、数千、数万、ときには数十万人へのたった一度の広告のために、それなりの額を支払わなければなりません。

しかし、電話を使えば、一度に電話した人数分だけの見込み客に、確実にコンタクトが取れるのです。そして、地元のエリアで見込み客に電話でコンタクトを取る場合は、わずかな時間とわずかなマーケティングコストでできるのです。

たとえば、中小企業の経営者が衣料品店、オフィス用品店、印刷業、あるいは花屋のオーナーだったとしましょう。

この経営者が、毎日3人の見込み客に電話をする癖をつけていたとすると、1日に30分以内の時間とわずかなお金を使うだけで、1年で千人の新規顧客に、ほとんど無料でプロモーションしていることになります。

これは実際にどのようなビジネスにも応用できるテレマーケティング手法のひとつです。

電話による見込み客の発掘では、新規顧客を店舗に招待したり、新規の見込み客にアポイントメントを取ったり、優良見込み客に資料を郵送したりすることも可能です。

この種のマーケティング手法では、ダイレクトメールと同様、見込み客リストの選出や編集が必要です。

そのうえで、原稿をあらかじめ用意し、それを参照しながら電話をするのが一番良いでしょう。何度も電話を掛けているうちに、原稿を改善していくこともできます。

電話で儲ける意外な方法とは?
テレマーケティングを、ほとんどのビジネスで活用することができるもうひとつの方法は、過去に利用経験のある顧客と、現在の顧客、つまり、休眠客と既存客とのコミュニケーションの手段として活用することです。

たとえば、オマハ・ステーキ(ステーキの通販業者)では、顧客に随時、特別なオファーについてお知らせする電話を入れています。

店内セールイベント、期間限定特別割引、見切りバーゲン、新商品、これら全てのマーケティング戦略が顧客への電話で実行可能なのです。

もう一つ、ほとんどのビジネスで活用できるテレマーケティングの利用方法は、テレフォンアップセル(電話でより高い商品を売ること)と呼ばれる方法です。

これは、顧客が自ら購入のための電話をかけてきた場合に用いられます。

優良通販企業のシャーパーイメージ(1977年創業の大手通信販売業者)に注文の電話をかけると、エージェントが懇切丁寧に注文に応じる手続を進め、そして、私が呼ぶところの「コロンボ」を行うのです。「コロンボ」とは、有名なテレビの刑事コロンボにちなんで名付けたマーケティング手法のことです。

コロンボは、いつも最後の最後で立ち止まり、もう一つだけ質問していたのを思い出してください。

シャーパーイメージのエージェントは、「あの、もうひとつよろしいですか。今週は、お電話を下さったお客様だけに特別のオファーがあるんです。」と言うのです。

このアイデアは、たくさんの中小企業のビジネスに応用できます。

花屋、印刷業者、本屋、・・・。リストは無限に続けることができます。

電話を120%活用する秘訣
では実際に、あなたのビジネスを拡大するうえで、電話を利用する際のガイドラインと秘訣について4点お話したいと思います。

【1】テレフォンマーケティングを有効に行なう真のカギは、仕組みと段取り。

ぶっつけ本番でやっていたのでは、うまくいくはずがありません。原稿、概要、ノート、フリップカード等、電話応対を順序良くスムーズに進めるためには、あらかじめ書いたものを用意しておくことが重要です。国内で最も経験豊富な電話販売のプロでさえ、原稿とノートを使っているのです。

【2】礼儀は極めて重要。

電話の向こうの相手は、あなたが見えていないということを覚えておいてください。あなたが何をどのように話しているのかだけに反応することしかできないのです。

自分のビジネスに照らし合わせて考えてみてください。思い当たる点は、ありませんか?

【3】対応のよくない人もいるということを認識する。

話をろくに聞かない、あるいは話の途中なのに電話を切ってしまう人もいます。それでもいいか、と思える気持ちでいなければなりません。それを個人的に受けとめないことです。郵便も読まずに捨てる人もいます。その場合は、ただそこに居合わせて見ていないというだけのことです。

個人的に受け止めることは、よくありません。別に、あなたのことが大嫌いで、言っているわけではないのです。

【4】実践すること。

慣れればだんだん上手になります。

自分のスキルや結果、もしくは自分自身について評価する前に、特定のタイプのオファーの電話を、最低でも20本〜25本はかける機会を持ってください。

これまで、このようなかたちで電話を活用したことがなければ、このプロセスを苦痛に思うことも当然といえます。

今ではやさしいと思ってやっているどんなことでも、最初は難しく、苦痛であったということを思い出してください。

快適だと思う部分を広げ、新しいスキルを習得していくことは、人生で繰り返す大切な部分であり、それを楽しみこそすれ恐れるべきではないのです。

テレマーケティングのスキルを学習し、習得し、他の人に教えられるようになれば、あなた自身の価値の増大につながり、どのようなビジネスに関わっているとしても、売上と利益を増大させることが可能です。

ビジネスのためにかけるべき電話とは?
ビジネスを拡大するための、どんなビジネスにおいても「合法的」に電話を用いることができる方法、それは、カスタマー・ロイヤリティを構築することです。

(カスタマー・ロイヤリティ:特定の企業や製品に愛着を持ち、信頼を寄せている状態。これが高まると、「〜については、必ずこの企業から買おう」という意識が生まれる)

どのようなビジネスにおいても、顧客満足を確認するために定期的なフォローアップの電話をかけられるのではないでしょうか。

金銭的に余裕のない経営者ほど、時間には余裕があるというのは公理のようなものです。

お金はないけど、時間はあるという中小ビジネスを展開する経営者に、テレマーケティングはうってつけです。

ダン・ケネディ

この記事は、ダイレクト出版より、無料メールマガジン「ザ・レスポンス」によって提供されています。無料メールマガジンの購読は、http://www.theresponse.jp/まで。


posted by kuroshiba-kun at 06:22 | Comment(1) | TrackBack(0) | 気になるお話

2009年10月10日

☆豊かになれない本当の理由



がんばってもがんばっても
まるで豊かになれない。


自分が今やっていることは
果たして正しいのだろうか?


そんなことが脳裏に
浮かんだことがありませんか?


多くの人はなかなか上がらない給料や
うまくいかない人間関係の中
なんとかして豊かになろうと
苦しい毎日を送っています。


しかしその一方、
たとえ貧しい暮らしをしていても
幸せそうにしている家族がいるのも
紛れもない事実です。


一体なぜ、同じ状況にあっても
ある人は幸せを感じることができるのに
別の人は不幸になってしまうのでしょうか?


それは幸せを感じる能力の差なのです。


どんなに健康に恵まれていても
どんなにお金を持っていても
どんなに良い人脈を持っていても
幸せを感じることができなければ
その人はいつまでたっても不幸なのです。


ではこの「幸せを感じる能力」とは
一体何なのでしょうか?


どうすればこの能力を手に入れて
自分の幸せを見つけることが
できるのでしょうか?


今から約60年ほど前、
あるアメリカの形成外科医によって
この秘密が解き明かされました。


これは心理学史上最大の発見とも
言われています。


この発見によって幸せや不幸の状態が
人の人生の成功にいかに影響しているか
見事に説明できるようになったのです。


心理学史上最大の発見は
こちらをクリックして詳細を
チェックしてみてください。

http://123direct.info/tracking/af/162770/0XLCfhof/





posted by kuroshiba-kun at 08:56 | Comment(0) | TrackBack(0) | 気になるお話

2009年10月02日

■何故、プラス思考は結果が出ないのか?

■何故、プラス思考は結果が出ないのか?


今から約10年前、私は高額な自己啓発プログラムに投資をしました。


そして、そこに書いてる通り、目標を設定しプラス思考で毎日を過ごすことにしました。


5年後、私は会社をつくることになりましたが、事業の方はまったく上手くいかず、来月の家賃が払えるかどうかで、毎晩、頭がいっぱいでした。


私がどんなにプラス思考でいても、状況はとてもプラスとは思えるようにはなりませんでした。その時いた、たくさんの友達も同じような状況でした。


みな、前向きでプラス思考だったにもかかわらず、状況は決して良くはならなかったのです。


プラス思考はウソなのか?


こんな風に考える事もありました。何故なら自分の周りはみんなプラス思考だったにも関わらず、みんな成功していなかったからです。


何故、プラス思考が効果がでなかったのか?それには理由があります。


プラス思考という考えはとても素晴らしものですが、一方で、とても誤解されているものでもあります。


ほとんどの人は、“プラス思考”と言う時に、何か明るい未来の事を考えます。そして、それを考えただけで、(あるいは考えていれば)その未来がやってくると思っています。


当然ながらそのような事はあり得ません。


プラスの未来を考えたら、プラスの未来になるように今現在の行動を変える必要があるのです。

そして、今現在の行動を変えるには、今の自分を変える事が必要です。


ほとんどのプラス思考信者は、さまざまな自己啓発本や高額なセミナーに参加してプラスに“考える”だけで、“行動する”ことがありません。


そして、いくらプラスに考えても、プラスな未来はやってこないので、現状とのギャップに悩むようになる場合もあります。


自分を変えずにプラス思考だけを続けていれば、未来はきっと明るくなると、盲目的に信じてしまうのはある意味、危険でもあります。


プラス思考の前にまず私たちは現在の自分を変えなければいけないのです。


現在、私はプラス思考を続けています。ただし、5年10年前の当時のプラス思考と同じではありません。

プラス思考とプラス行動によって自分の未来を作っています。


-----------------------------------------------
BY小川忠洋
無料レポート『あの人は何故いつも成功するのか?』では、
Drモルツが発見した心理学上最大の発見を公開している。
ダウンロードはこちら>> http://www.drmaltz.jp/index.php?jvcd=3839
----------------------------------------------


参考 Dr.モルツのブログ http://www.drmaltz.jp/blog/
posted by kuroshiba-kun at 19:43 | Comment(2) | TrackBack(0) | 気になるお話

2009年09月23日

成功に欠かせない10の秘訣


今日、大変興味深い記事を読みました。

それは、テッド・ニコラスさんの「成功に欠かせない10の秘訣」です。

参考になるとおもいますので、皆様にもご紹介しますね。


成功に欠かせない10の秘訣
FROM テッド・ニコラス

きっと誰もが「ぐうたらでも金持ちになれる方法」論に魅力を感じていると思います。そういう私も若い頃そうでした。

でも、試行錯誤や間違った投資を数回経験しこれは間違いなくありえない話だと私は身を持って証明してきました。

多分、大金を比較的簡単に手に入れる一番の近道はワールドクラスのコピーライターになることです。

成功に必要な考え方
しかし、コピーライターで成功するには勉強、そしてきめ細やか且つ入念な努力を続けなければいけません。

富は天から降ってはきません。富を築くには、不断の努力が必要です。

だから、「楽して金持ちになる」という考え方をしている多くの起業家、特に若い世代の起業家を見ると気が滅入ってしまいます。

成功の秘訣さえ分かればすぐに成功できるという話をよく聞きます。

このような考え方は、書籍、映画や記事でよく紹介されていますしセミナーでもよく取り上げられています。これは100%ノンセンスです。また危険な考え方でもあります。

作家、出版者、医者、企業家など富を手にした人であれば、誰もが私に賛成してくれるでしょう。

私の毎日の仕事量について、私の友人やクライアントはいつも何かしら言ってきます。

私は、セミナーの準備をしたり、セミナーをやったり、セールスコピーやスペシャルレポートや本やニュースレターの原稿を書いたりクライアントのコンサルティングをしたりインタビューをしたり、私の指導教育プログラムのメンバーに私の意見や評論を書いたりして時間を過ごしています。

多忙なスケジュールですが、生産性を維持できているのは単なる偶然ではありません。

私自身が利用し、また私や皆さんの成功には欠かせないと私が感じている秘訣をいくつか紹介します。

■公私にわたって「緊急性」を意識する。
1時間早めに目覚ましをセットして起床します。私の場合はどんなに遅くても毎日午前7時には起きるようにしています。午前5時や6時に起きるのも稀ではありません。

【大切なポイント】
目覚めてからの5分間が重要です。何を考え、セルフトーク、つまり自分の心で何を会話するかでその日の気持ちが決まってくるからです。

私はどうしているかって?

とにかく、大きな事でもたわいない事でも、自分が恵まれていると思う事を書き出し、それを大声で読み上げます。

皆さんが心の中で選ぶ事柄が自分のパワーになるということを覚えておいてください。実際、自分の感情や心の状態は自分が選んでいるからです。

■自分の商品/ビジネス/サービスにほれ込む。
自分の商売に対して情熱がなければ大成功などできません。

今自分がやっている事が好きでない方は、今すぐに辞めましょう。それでは成功する確率はほぼゼロです。そして、その様な事で時間を無駄に使うほど人生は長くありません。

■自分のマーケットを徹底的に研究する。
自分の見込み客がなぜ夜眠れないのか調べましょう。

見込み客がどのような状況にいるのかを理解し「同じ立場」にならなければいけません。

それができれば、見込み客から信頼してもらえ、皆さんに興味を持ってくれるようになります。信頼の絆を築く事ができればその商品をなんなりと販売できるようになります。

■販売の技と知識を習得する。
一般的に信じられている事とは反対に、世界一タフであるけれど高給が手に入る仕事とは有能なセールスマンです。

実践的なセールススキルを身につけ、経験と学習を積むと、それまで学習してきたテクニックをセールスコピーに変換させる事ができます。

私が最初に受けた本格的なセールス訓練はカービー社製掃除機の訪問販売でした。ここでは何物にも代え難い経験ができ、後の私のコピーライティングというキャリアの方向性を築いてくれました。

■セールスコピーの中に自分の実体験を入れる方法を学ぶ。
そうすると皆さんの人間らしさが伝わり、読み手は内容をもっと信じてくれるようになります。

注文が取れ、売り上げにつながる「キラーコピー」が書ければ、成功へのチャンスは無限大に広がります。

【マーケティングのヒント】
ワールドクラスのコピーライターやコンサルタントがいないのであれば、コピーライティングやセールス戦略やセールステクニックを、絶対誰かに委託しようとはしないこと。

この間違いを犯し、成功できないでいる企業や起業家を私は毎日目にしています。

皆さんのキャッシュフローは、100%セールスやコピーから生まれます。これが皆さんのビジネスの活力源です。最高の結果を出すためには、自分でやりましょう。

■一番大変な事をその日の最後ではなく、最初にやってしまう。
難しいセールスプレゼンや電話での営業、従業員同士の対立やお金を貸している相手への督促等、大変だと思う事を最後の最後までやらずに伸ばす人がたくさんいます。

そうではなく、一番厄介なことを最初にやってしまうとその日の他の仕事が非常に簡単に感じます。いつか試してください。違いが分かりますよ!

■毎日最低20分間瞑想する。
血圧が下がり、心拍数も落ち着き、身体に良い影響を与えます。

■生涯学習
ずっとビジネスについて勉強していきましょう。特にマーケティングコピーや販売心理学を一生涯通じて勉強していきましょう。「卓越への絶え間ない追及」が継続的成功であると私は考えます。

■1日1時間散歩をする。
私は自分の著書の中でウォーキングは縁の下の力持ちと称しています。もちろん、そのために特別な器具を用意したり、ジムに入会する必要もありません。

■必ず1日8時間睡眠を取る。
ベン・フランクリンがそうでした。もちろん、あの「早寝早起きコンセプト」を考案したのは彼でしたが、彼は起業家としても発明家としても大成功を収めています。

訓練あるのみ!
1000人いたとしても、今紹介した秘訣を継続的に実践できる人は1人もいません。この秘訣の半分でもやれば人生が変わります。

このような努力をしようとしない原因の一つは、ほとんどの人間は自己訓練のようなものを避けようとするからです。

私は、訓練を高くかっています!なぜでしょうか?

初めてこの成功の秘訣をやると大変に感じるかもしれません。行動に移すには訓練が必要です。

しかし、実はあまり知られていませんが習慣にしてしまうと、訓練として捉えていた成功を生み出す行動が簡単に感じてきます。そして、やらないよりもやった方が気分がよくなります。

大成功したいと心から思うのならば、行動あるのみです。

今回紹介した10の秘訣を今すぐに始めて、自己訓練しましょう。目覚まし時計のセットを忘れずに!

テッド・ニコラス


この記事は、ダイレクト出版より、無料メールマガジン「ザ・レスポンス」によって提供されています。無料メールマガジンの購読は、http://www.theresponse.jp/まで。




posted by kuroshiba-kun at 19:45 | Comment(0) | TrackBack(0) | 気になるお話

2009年08月03日

テスト!



今朝、メールですばらしい内容の記事を読みましたので、

お知らせいたします。


事業を進める上で、陥りやすい点についてのアドバイスです。

以下ご覧下さい。


テスト!
FROM:ジェフ・ポール

「広告、ポストカード、あるいはチラシといったツールだけでは新規顧客は開拓できません。」

これは良くあることです。

ダイレクト・レスポンス広告を実施する場合、広告、ポストカード、チラシ等に対するレスポンスを左右する要因がいくつもあります。

詳しくご説明する前に、あなたが新規顧客獲得の活動において実際は何をしているかについてお話しましょう。

テスト!テスト!テスト!
上記の様々な要因をご説明する前に、まずはテストについてお話しましょう。ダイレクト・マーケティングに対するあなたの考え方に間違いがなく適切であるようお話する必要があるのです。

それは何故かと言うと、誤った考え方を持ちながらダイレクト・マーケターになってしまうと、成功するのに苦労するからです。

ダイレクト・マーケティングは、これまであなたが見聞きした理由により、世界的に見ても最高のビジネスと言えます。ただ、絶対にご理解頂きたいことがひとつ。それは、あなたが成すこと全てが常にテストなのです!

あなたが初めて小さな試験的広告を掲載しようと、あるいは月に3千万円かけて50種の媒体にフルページの広告を50件掲載しようと、大小の規模に関わらず、そのマーケティング活動の全てがテストなのです!

ダイレクト・マーケティングの活動に対する結果が何であれ、それが全てテストであるということを受け入れてください。

これは一体どういう意味でしょう。
答えは簡単です。ダイレクト・マーケティングの活動のひとつひとつを常にテストとして捉えることができれば、それぞれが個々の活動であることを認識できます。

言い換えるならば、それぞれの活動は独立しており、その上で全体のビジネスに上手く調和します。ということは、広告によって好ましい結果が得られたならば、是非とも再度掲載してください。その時は大きめのものを。ただ、前回上手くいったからと言って今回も同様に上手くいくことを期待していてはいけません。

もし上手くいったならラッキーです!ただ初回は上手くいったのに2回目はダメだったなら、何がダメだったのかを注意して見極め、次回は改善するよう心掛けてください。3回目もダメなら、初回が上手くいったからこそ尚更、もう放り投げたくなることでしょう。当然のことながら、上手くいっていれば広告掲載は続けるでしょう。

しかし、常に気を配り、毎回がテストだと思っていてください。そうすれば、もし上手くいかなくても、途中で見極めて止めることもできます。ダイレクト・マーケティングの活動では以下のことが要求されます。

1. 始めに効果があり、その効果が続く(滅多にありませんが、こういう状況は時折起こります)
2. 始めに効果があり、その効果がしばらく続くが、いずれはなくなる
3. 始めに効果があるが、その後は一切の効果がない
4. 最初から全く効果がない
5. 始めは効果がないが、いくつかのテストの後に多少効果があり、その後も効果が続く
6. 始めは効果がないが、いくつかのテストの後に多少効果があり、その効果がしばらく続くが、何れはなくなる
7. 始めは効果がないが、状況の微調整をした後に効果があり、その後も効果が続く
8. 始めは効果がないが、状況の微調整をした後に効果があり、しばらく続いた後でなくなる

上記が考えられるシナリオですが、これらを上手くミックスしたスタイルもあり得ます。

何れも実際に起こりうることなので、頭に入れておいて頂きたいのは、活動のひとつひとつをテストとして認識して頂きたいということです。そうすれば、それぞれの行動に注力し、結果を観察すれば、正しい選択をすることが可能になります。

例えば、これまで多くの人がテストによって好ましい結果を得てきたのを見て参りました。そして、この結果が今後も時と場所を問わず通用すると思い込んでしまうのです。

そして急遽事業を拡大し、テストしていない媒体への大々的な広告に大金を投じ、その結果前回のように上手くいかないことを思い知らされます。

あるいは、広告を掲載してからある程度は進捗状況を確認するのですが、規模を拡大した後は全く確認しなくなります。何故かと言えば、これまでのテストの結果が良かったため、もうすっかりテストの重要性を忘れてしまっているのです。もうテストなんて必要ないと。

その後広告の効果が低下しても、もうそれをテストとして認識していないので、反応の少なさが警告だとも思わずに、最終的には大金を溝に捨ててしまうのです。

お分かりでしょうが、何れの状況においても活動のひとつひとつをテストとして捉えていないがために彼らは誤った行動を取ってしまいました。広告が一定期間、一定の媒体で成功したためもうテストはせず、それどころかテストの期間はもう過ぎてしまったと誤った認識をしてしまったのです。

あなたは絶対に、テストが終了したなどとは思わないでください。あなたが毎週500件の広告を掲載し、それが成功していたとしても、そんなことは一切関係ありません。次の501回目の掲載は、それ自体が501回目のテストだと認識してください。

ゆっくりと、慎重に且つ冷静に!
「ロール・アウト(量産)」(Roll-Out)という表現をご存じでしょうか。これは、ある一定のダイレクト・マーケティングの活動が成功したからと、次から次へと大々的な広告に膨大な費用を投じるようになることを意味します。

私はこの「ロール・アウト」という考え方が好きではありません。私自身、上手くいっていたのに突然ダメになってしまったということが何度あったでしょう。突然、いつの間にか、これと言った理由もなく。

だから私は決して「ロール・アウト」しようとは思いません。私が常に思っていることはただひとつ ― テストをゆっくりと、慎重に且つ冷静に拡大して行く ― ということだけです。

テストが上手くいっても有頂天にはなりません。冷静に行動し、常にテストしている事実に注力します。そのため、広告費に投じている100円単位まで気を配り、結果にも着目します。テストを拡大した結果が良好なら、それはそれで良しとします。しかし、テストの拡大はゆっくりと着実に行います。

拡大した結果が悪い場合は、更にゆっくりと注意しながら活動を続けます。それでも良くなければもう手を引きます。

そして、これらの活動を客観的に行います。テストがもたらした結果を受け入れるだけです。全てのテストが何らかの結果を生みますが、何れの結果も成功あるいは失敗ではありません。それが単に客観的な「結果」だということを忘れてはいけません。

私の業界では、テストの「失敗」がないように、「成功」という概念も存在しません。

本来冷静に解釈すべき表現に対して誇張した言い方をしたくはありません。

私は、テストが客観的な「結果」をもたらすものであり、それ以上でもそれ以下でもないと思っています。悪い結果、まあまあの結果、良い結果、最高の結果と様々です。でもそれだけです。失敗も成功もなく、ただの結果です。

どうか、ご自分の活動が「失敗に終わった」などとは思わないでください。失敗によって人は落ち込み、意気消沈し、絶望します。これらの感情はどのような状況においても、特にマーケティング活動を行っている場合、余りにも愚かな感情です。

今後はテストの結果を「結果」以外のものとして捉えるのはお止めください。その方が冷静沈着に考え、行動できます。

悪い結果のお話をする際、覚えておいて頂きたいのは、私を含め優秀なダイレクト・マーケターでさえ全員、たくさんの、本当に数えきれないほどたくさんの努力をしても、尚悪い結果が出ることだってあるのです。

ジェフ・ポール

==============================================================
この記事は、ダイレクト出版より、無料メールマガジン「ザ・レスポンス」によって提供されています。無料メールマガジンの購読は、http://www.theresponse.jp/まで。
============================================================

いかがでしたか?

これ、確かに思い当たることがあると思いませんか?

少なくとも私には、思い当たる過去の失敗がたくさんありました。


何事もテストは大事ですね。




posted by kuroshiba-kun at 06:52 | Comment(0) | TrackBack(0) | 気になるお話

2008年07月21日

情報ビジネスはなくなるのか!?



情報ビジネスは、



● 情報に飢えたお客に

● ほぼコストゼロで作った情報を

● ほぼコストゼロで届ける



という理想のビジネスだと言われているため、

多くの人が参入してきています。





でも、彼らの多くが売っているのは、

本の抜粋のような中身のない情報だったり、

返金されない返金保証だったりと、

まさに詐欺のような状況なのです。





情報ビジネス=詐欺



のようなイメージが定着しつつあります。







しかし、実は情報ビジネスは幅広く、

何もここ数年の間にできたビジネスではないのです。







ずーっと昔から行われてきて、身近にある、

古いビジネスのうちの一つなのです。







あなたがこれを見極めることができるなら、

あなたは情報ビジネスの無限の可能性に

気づくことができるでしょう!







その全体像を説明したDVDが、

無料で配布されています。





http://www.123marketing.jp/direct/free_dvd.php?jvcd=3839









PS

この無料DVDを見れば、情報ビジネスの全体像から、

インターネット上で楽に売れる商品を簡単に作る方法を

知ることができます。





http://www.123marketing.jp/direct/free_dvd.php?jvcd=3839





posted by kuroshiba-kun at 22:12 | Comment(0) | TrackBack(0) | 気になるお話

2008年05月03日

■ほとんどの人が知らない成功するのに必要な条件とは?




古今東西、人間は成功したい、幸せになりたい

という根源的な欲求を持っています。





しかし、意外にも己の成功や幸せがどういう状態か

自分自身で定義していない人が多いのには驚かされます。





成功したいと心では思っていても

その「成功」というものが具体的にイメージできていないのです。





航海に例えれば、目的地の定めずに延々と漂っている船と同じで

いつまでたっても永遠に目的地に到達しません。





そして、そのうち物資が底をついて航海を諦めざるを得ない状態になります。





そしてもっと意外なことに、

目的地をある程度明確にしている人であっても

そこへ舵を切って進んでいく人も驚くほど少ないのです。





目的地を定めはしたものの

港に留まったまま船を停泊させているのです。





なぜ、こんな事が起こるのでしょう?





それは恐らく航海することで遭遇する

嵐や遭難といった未知の危険に対して躊躇してしまうのです。





こういったことは航海に限らず、

ビジネスや恋愛でも同じです。





「もしうまくいかなかったらどうしよう」

「今より生活のレベルが落ちたら嫌だな。」





といった失敗したときのイメージが

現状から進むのにためらいを生んでしまうのです。





そして、現状を維持している限り、

そういった危険に遭遇することはほとんどありません。





しかし、今の状況を超えて乗り越えて成功するには

前に進むしか道はありません。





ただ、やっぱり前に進むのは怖いものです。

ほとんどの人は無意識のうちに恐怖やためらいを感じてしまい、

なかなか前に進むことができません。





そして、前に進むにはこの無意識の恐怖を打破する必要があります。

そのためには自分の心の状態をある方向に変える必要があったのです。





ある形成外科医がこの謎を研究し、

成功するためにこの無意識の恐怖を打ち破る方法を発見しました。





今なら無料でこの秘密を公開した小冊子をゲットできるようです。

3000部限定での配布なので

将来、少しでも人生を成功させたいと思っている方は

いますぐこちらをクリックしてください。

無料小冊子「あの人はなぜ、いつも成功するのか」










posted by kuroshiba-kun at 23:38 | Comment(0) | TrackBack(0) | 気になるお話

2008年04月26日

■最も無駄な日とは?




『最も無駄な日とは、一度も笑わなかった日の事である』





誰が言ったかは知りませんが、

私たちは「笑い」の力を

過小評価していると思いませんか?





「笑い」には人を幸せにする力もあるし、

ストレスを解消する力もあるし、

確か病気を治癒する力もあったと思います。





不幸な人は日常に「嫌な事」を探そうという

視点を無意識に持っているが、

幸せな人は、日常に「何か笑える事」を探そうとしています。





たとえそれが作り笑いだったとしても、

顔が笑っていれば、感情もそれに刺激されて

愉快になってくる。(人間の脳はそうなっている)





だから、幸せになる方法は簡単なんです。



毎日、笑うこと。

つくり笑いでもいいから、笑うこと。





さあ、パソコンの画面に向かってやってみましょう。





ニカッ(^-^)





隣の人が気持ち悪いと言う視線を投げかけて

きてもそんなのは無視しましょう。

何故なら、彼・彼女は幸せになる

テクニカルな技術を知らないのだから。





ニカッ(^-^)





毎日やれば、人生は変わります。

フンっと言って無視すれば、ずっと変わりません。





選ぶのは自分自身です。

ドクターモルツ | 成功するための思考法







posted by kuroshiba-kun at 23:42 | Comment(0) | TrackBack(0) | 気になるお話

2008年01月29日

誰がやってくれるのか?




考えてみましょう。





あなたの心をケアする事は

誰がやってくれるのでしょう?





あなたの自尊心を磨くのは

誰がやってくれるのでしょう?





あなたのセルフイメージを良くしてくれるのは、

誰がやってくれるのでしょう?





子供のころだったら、泣いたり、ダダをこねたりすれば、

お母さんやお父さんが面倒を見てくれたかもしれません。





しかし、今。あなたは大人なのです。

大人であるあなたは、自分で自分の

面倒をみなければいけないのです。





自分で自分の自尊心を磨かなければいけません。

自分で自分のセルフイメージを磨かなければいけません。





ただ、黙って待っていれば、

みんなと同じように生活していれば、

いつか物事が変わるなんて思っていたら

それは大間違いです。





経済的に豊かになるためにも、

人間関係を良くするのも、

心の平安を得るのも、



全て自分からアクティブに

動かなければ手に入りません。





そして、今日動かなければ、

明日も動かず、明後日も動かず。

1年後にも同じ事を考えているでしょう。





年齢なんて関係ありません。

体は時間とともに歳をとるが、

精神はそうではありません。





それはあなたの完全な

コントロール下にあるのです!









PS:

ドクターモルツの12週間プログラムでは、自分の力で

セルフイメージを変えて、幸せな人生を送る知恵が

詰まっています。あなたは人生変える勇気がありますか?

Drモルツの12週間で自分を変えるイメージプログラム
posted by kuroshiba-kun at 22:49 | Comment(0) | TrackBack(0) | 気になるお話

2008年01月28日

みんなに好かれる方法





こんにちは。





たいていの人は、友達や周りの人などに

好かれようとして、あらゆることをします。







印象をよくしようとしたり、

本当は思ってもない事にも同意したり…







特に若い世代はこの傾向が強い。

仲間はずれになるのが怖いのです。







もっといえば孤独になるのが怖いのです。







この孤独への恐怖というのは大人になっても

残っています。





そのため、孤独にならないように、友達を

たくさん持とうとします。







しかし、友達がいくらたくさん増えようが、

あなたが自分を好きでない限り、

本当の孤独からは解放されません。







たくさんの人が自分のダメな所とか、

嫌なところ、失敗ばかり見ています。

それにフォーカスしてるとでも言おうか。







もし、そんな人が周りにいたら、その人と

友達になりたいと思う人間なんているだろうか?

そんな厳しい人の周りには誰も寄ってきません。







だからあなたも自分自身に対して

そのような態度を取り続けることは、

自分が自分から嫌われるような感覚になります。







とにかく、第一歩は自分を好きになる事です。

自分をもっと暖かい目で見つめてあげる必要がある。

誰だって欠点はあるし、失敗もするし、ダメな所もある。







それは、あなたが

ロボットではなく人間だという

証拠なのです!









PS

心の底から自分のことを好きになりたい方はこちらを

チェックして下さい。

「Drモルツの12週間で自分を変えるイメージプログラム」
posted by kuroshiba-kun at 23:08 | Comment(0) | TrackBack(0) | 気になるお話

2008年01月15日

■ある心理学の実験





1971年、スタンフォード大学心理学部で
行われたある実験があった。


被験者は新聞広告で集められた24名の男達が、
無作為に「看守役」と「囚人役」に分けられて、
監視カメラ付きの模擬刑務所に収容された。


実験は二週間、いくつかのルールに従いながら
自分の役を演じること。


実験の当初はお互い普通の市民だから、
『仲良くこの実験を終わらそうぜ』という雰囲気だった。
しかし、日がたつにつれて、看守役は凶暴性を帯び、
囚人役は卑屈に服従性を覚えていった。


囚人は名前でなく番号で呼ばれ、イジメが始まる。
そして、看守は囚人を虐待するようになり、囚人は
それにたいして何の抵抗も示すことができなくなった。


この実験はあまりに早く問題が生じたために7日間で終了。
7日で、全く人間の人格が変わってしまったのだ。


看守役の人はもともと凶暴な人だったわけではない。
もとは普通の市民だった。しかし、たまたま決められた
役柄によってその役柄どおりの人間になっていった。


今ではこの実験は禁止となっている。
それほど強烈なインパクトがあるのだ。


この実験が示すことは人間は、自分はどういう人間だと
考えるかによって実際の行動も人格も変わるという事。


セルフイメージの通りの人間になっていくという事の
証明に他ならない。


しかし、ほとんどの人はそのセルフイメージを意識する事はない。
それがある事も知らないので、それを変えることもできない。


しかし、あなたは違う。


あなたは知った。
自分がセルフイメージによって作られた自分だという事を。


それを知っているなら、次のステップは簡単だ。
セルフイメージを自分の思い通りに変えること。


その方法はドクターモルツが教えてくれるだろう…
http://www.drmaltz.jp/index.php?jvcd=3839

PS:
この実験は映画化されて今ではツタヤなどで借りる事ができる。
題名は『ESエス』一度見てみると面白いよ。
ちなみにとっても怖いので、ご注意を。
posted by kuroshiba-kun at 22:30 | Comment(0) | TrackBack(0) | 気になるお話

2007年12月25日

メリークリスマス!25日までの限定プレゼント!





全米、二大カリスマ・マーケターからのクリスマス期間

限定プレゼント!



もしあなたが先着1000名の中に入れば、あなたも無料で

世界トップマーケターのジェフポールとロバート・バダッ

クの”124のマーケティングの秘訣”を入手できます。



たとえあなたがインターネットビジネスを始めていない

としても問題ありません。なぜなら。。。

先着1000名様にクリスマスプレゼント











posted by kuroshiba-kun at 09:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 気になるお話

2007年12月23日

クリスマスプレゼントもう1個追加!




こんにちは。


先日お知らせした下記のサイトで、クリスマス
プレゼントがもう一つ追加されました。


今、色んなサイトでクリスマスプレゼントを
配ってくれていますが、このサイトのプレゼントはレベルが
違いますね。

http://www.freegift.jp/Xmas/index.php?jvcd=3839



新しく追加されたクリスマスプレゼントは、テッド
ニコラスによる「裕福になるための魔法の言葉」の
ダイジェスト版です。



テッドニコラスは一文字あたり世界で最高の金額を稼ぐ男
として全米のマーケッターで彼を知らない人はいません。



でも日本ではまだあまり知られていないので、
テッドニコラスを知らない人のために彼のすごさを
少し紹介すると、



たった 1000 語の広告で、1億円以上稼いだり、
秘密の言葉を使って今までで49億ドル(約5800億円)
もの商品・サービスを販売してきています。


下記のクライアントはテッドに稼がせてもらった
金額の一部です。


* ビックコナント(ナイチンゲールコナント) 171億円
* ヤニクシルバー  2.8億円
* マイクチャントリー(hilite)  4.4億円
* ビルバーナー(アゴラパブリッシング) 134億円
* アンドリューレイノルズ 12.7億円
* レインハードヒティッチ 88億円


これはまだ一部なので、本当に半端な経歴じゃないです。
これらを全部、言葉だけでやってしまっています。

テッドはもう80歳を過ぎているようですが、今も元気に
現役で魔法の言葉を使い続けています。


だからダイジェスト版とていっても、言葉の使い方一つで
伝説を築いた、テッドニコラスの実証済みのテクニックが
49ページのボリュームでぎっしり詰まったお宝レポートは
必ず手に入れておく必要があります。



このレポートに書いている言葉の使い方をすれば今、自分の
サイトで売っている商品の成約率がぐっと上がるでしょう。

http://www.freegift.jp/Xmas/index.php?jvcd=3839



PS
25日の晩で終了したら二度と手に入らなくなってしまう
らしいので、確実にゲットしておいて下さい。












posted by kuroshiba-kun at 20:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 気になるお話

もうクリスマスプレゼントは受け取った?





こんにちは。


全米トップマーケターのジェフポールと、世界的コピーライター
ロバートバダックによる、クリスマスプレゼントはもう受け取り
ましたか?


このサイトは25日で終了しちゃうらしいので、もしまだ
受け取っていないとしたら、今すぐゲットしておいた方が
いいよ。

http://www.freegift.jp/Xmas/index.php?jvcd=3839


これらのレポートに書いている内容ってはっきり言って
無料レポートスタンドにあるようなレベルのレポートでは
ないからね。



この無料レポートで紹介されているのは、

今しか通用しない情報とかテクニックとかではなくて、
ビジネスの考え方とか、一人の顧客からどうやって収益を
伸ばしていけばいいのかとか、自分が壁にぶち当たった
時とかに、どうそれを乗り越えていけばいいのかとか、
そういった、避けれらない課題や問題を解決していく
強さを身に着けるための事が書かれている。



だから、ネットビジネスをしている人も、これからネット
ビジネスに参入しようとしている人も、オフラインとかの
リアルビジネスをしている人にも、とても重要。


2008年の売上げを、今よりも数倍、膨らませていきたい
人は、何度も読んでおいた方がいいと思うよ。
http://www.freegift.jp/Xmas/index.php?jvcd=3839




PS
今と同じ事を繰り返ししていても、今と同じ結果しか
得られない。でも新しい事を取り入れていく人は、新しい
結果が得られる。来年、収入を倍増させたいんだったら、
そのための行動をしていかないとね。
http://www.freegift.jp/Xmas/index.php?jvcd=3839












posted by kuroshiba-kun at 10:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 気になるお話

2007年12月22日

起業家のあなたへ贈るクリスマスプレゼント




こんにちは


町ではライトアップがされ始めてクリスマスムードが
徐々に徐々に盛り上がりを見せていますね。


自然に楽しい気分になってきます。



でも起業家の私たちには、クリスマスをお祝いする
よりもとっても大切な事がありますよね。


それは2008年もしっかりと利益を上げていく準備
をしておく事です。



だから決して華やかではありませんが、起業家にとって
もっとも必要な2つのクリスマスプレゼント情報を
お届けしようと思います。



世界で活躍するトップコピーライターのロバートバダック著
『不景気の中でも利益を上げる方法』と


ダイレクトレスポンスマーケティングの神様ジェフポール著
『ダイレクトマーケティング101の秘密』


の2つのクリスマス特別無料レポートです。




私もこの特別レポートは読んでみましたけど、私がもらった
どのクリスマスプレゼントのどれよりもうれしいプレゼント
でした。



なぜなら、この2つのクリスマスレポートでは合計124個の
マーケティングテクニックが紹介されいて、自分が2008年
に何をやっていけばいいのか、どうすれば今よりももっと稼ぐ
事ができるのか?その具体的なテクニックがいっぱい吸収できた
からです。



町で見かけるクリスマスプレゼントが今を楽しくしてくれる
のに対して、このクリスマスプレゼントは未来を明るくして
くれます。



クリスマス期間限定1000個でプレゼントされていますので、
起業家の深い悩みを癒してくれるプレゼントをぜひ受け取って
下さい。

http://www.freegift.jp/Xmas/index.php?jvcd=3839










posted by kuroshiba-kun at 14:28 | Comment(0) | TrackBack(0) | 気になるお話

2007年12月15日

【売れている広告をパクって、売上を5倍にする方法】



こんにちは。

最近、同じような広告・ウェブサイトをよく見かけます。

効果の出ていそうな広告やウェブサイトをまねして、
自分の広告やウェブサイトを作る、こういう人が増えているからでしょう。


売れている広告をマネることは、
手っ取り早く効果の出る方法のひとつでもあります。


しかし、ほとんどの人は、「マネ方」について、
次のような大きな間違いをしています。


まず、下の広告のキャッチコピーを見てみてください。

-------------------------------------------

私がピアノの前に座ったとき、彼らは笑っていた、
しかし私が弾き始めると・・・

-------------------------------------------

古典の、有名なキャッチコピーです。


そして、多くの人がこのキャッチコピーをマネしています。


「間違い1.マネしている人のマネをする」


いい広告をマネして作られた広告が、
いい広告だとは限りません。

にもかかわらず、そのままマネしてしまっています。

マネればマネるほど、いい広告の素晴らしさは薄れてきます。

どうせマネるのなら、オリジナルの、
そして何年にも渡って効果が実証されている
広告をマネするべきです。



「間違い2.一部しかマネていない」

先ほどのピアノの広告の優れているところは、
キャッチコピーだけではありません。

キャッチコピーからオープニングストーリーへの流れ、
ストーリーからセールスメッセージへの流れ、
クロージングの流れ、など、すべてが優れているのです。

なぜ、すべてのセールスの流れをマネようとしないのか?

それが大きな間違いの二つ目です。


もしあなたが、効果実証済みの広告を徹底的にマネ、
あなたらしいアレンジを加える。

そしてあなた自身の商品やサービスを、
爆発的に売る広告やウェブサイトを手に入れたいなら、
これをチェックしてください。
↓ ↓ ↓

http://www.allinonewebcopy.com/cw/top.php?jvcd=3839










posted by kuroshiba-kun at 18:33 | Comment(0) | TrackBack(0) | 気になるお話

2007年12月12日

【緊急レポート】倒産する会社が急増!



こんにちは。

2007年10月度、負債額1,000万円以上の倒産件数が、
前月を大きく上回り、+20.3%の増加となりました。

これは、7ヶ月連続の増加です。

負債額1,000万円未満の会社を含めれば、
この数字はもっとふくらむでしょう。


しかし、一方で元気に急成長をしている企業もあります。

そしてその中には、さほど有名でもない中小企業がたくさんあります。


その中の一社、ダイレクト出版株式会社は、
設立1年で月商を5,000万円にまで拡大し、
今でも順調に伸び続けています。

http://www.allinonewebcopy.com/cw/top.php?jvcd=3839

ではなぜ、競合ひしめく業界で、ダイレクト出版は

・金なし
・コネなし
・営業マンなし

の状態で、ダントツに結果を出し続けることができているのか。


それは、この会社に「売る力」があったことに尽きるのです。


倒産した企業の中には、
すばらしいサービスや商品を売っていた企業もありました。

しかし、「売る力」がなかったがために、
残念ながら、それを世に送り出すことができなかったのです。


会社が儲かるか儲からないかは、商品やサービスではなく、
「売る力」にほとんどすべてがかかっています。


いくらいい商品、いいサービスを提供していようとも、
それを売ることができなければ倒産してしまうのです。


-------------------------------------------------------------

■ダイレクト出版は、なぜダントツに勝ち続けることができるのか?

■たった数ページのウェブサイトで、なぜ商品を売り続けることができるのか?

その「売る力」の秘密を公開しています。

今すぐこちらをチェックしてみてください。

http://www.allinonewebcopy.com/cw/top.php?jvcd=3839
-------------------------------------------------------------






posted by kuroshiba-kun at 23:52 | Comment(0) | TrackBack(0) | 気になるお話

2007年12月10日

■ある心理学の実験



1971年、スタンフォード大学心理学部で
行われたある実験があった。


被験者は新聞広告で集められた24名の男達が、
無作為に「看守役」と「囚人役」に分けられて、
監視カメラ付きの模擬刑務所に収容された。


実験は二週間、いくつかのルールに従いながら
自分の役を演じること。


実験の当初はお互い普通の市民だから、
『仲良くこの実験を終わらそうぜ』という雰囲気だった。
しかし、日がたつにつれて、看守役は凶暴性を帯び、
囚人役は卑屈に服従性を覚えていった。


囚人は名前でなく番号で呼ばれ、イジメが始まる。
そして、看守は囚人を虐待するようになり、囚人は
それにたいして何の抵抗も示すことができなくなった。


この実験はあまりに早く問題が生じたために7日間で終了。
7日で、全く人間の人格が変わってしまったのだ。


看守役の人はもともと凶暴な人だったわけではない。
もとは普通の市民だった。しかし、たまたま決められた
役柄によってその役柄どおりの人間になっていった。


今ではこの実験は禁止となっている。
それほど強烈なインパクトがあるのだ。


この実験が示すことは人間は、自分はどういう人間だと
考えるかによって実際の行動も人格も変わるという事。


セルフイメージの通りの人間になっていくという事の
証明に他ならない。


しかし、ほとんどの人はそのセルフイメージを意識する事はない。
それがある事も知らないので、それを変えることもできない。


しかし、あなたは違う。


あなたは知った。
自分がセルフイメージによって作られた自分だという事を。


それを知っているなら、次のステップは簡単だ。
セルフイメージを自分の思い通りに変えること。


その方法はドクターモルツが教えてくれるだろう…
http://www.drmaltz.jp/index.php?jvcd=3839

PS:
この実験は映画化されて今ではツタヤなどで借りる事ができる。
題名は『ESエス』一度見てみると面白いよ。
ちなみにとっても怖いので、ご注意を。







posted by kuroshiba-kun at 23:16 | Comment(0) | TrackBack(0) | 気になるお話
banner_03[1].gif

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。